飲みやすい青汁商品ランキング!苦くない続けられる商品はこれ!

青汁おすすめランキング
一昔前まで青汁は「年配の方が飲むもの」「苦くてまずい飲み物」などというネガティブなイメージが非常に強く、青汁を飲んでいる方が少なかったです。
ですが数年前から青汁のネガティブなイメージが払拭され、最近では「ダイエットに良い」「美容に良い」「苦くない。むしろ美味しい」というポジティブなイメージへと変わりました。
そのため最近では年配の方だけではなく、青汁を積極的に飲む方が増えてきています。

青汁とは?
青汁とは、健康食品として飲むケールなどの緑葉野菜を絞った汁のことを言います。
一昔前は粉末の青汁を水やお湯等で溶かして飲まれていましたが、最近では錠剤の青汁や既に青汁となっている飲料の状態で販売されています。
ちなみに、青汁は健康食品として飲まれていますが、青汁にはカリウムやリン、ビタミンAが豊富に含まれているため人工透析を行っている方には健康状態を悪化させてしまう場合があります。
また、ビタミンKを豊富に含んでいるため循環器系の疾患対策の薬剤を飲用している方の場合、飲用している薬剤の効果が薄れてしまうこともあります。

青汁セールスランキング

青汁の人気ランキングです。売れ筋商品を一挙に紹介していきます!

【すっきりフルーツ青汁】

すっきりフルーツ青汁

初めての方限定!
1箱価格:3,980円⇒630円(税込)
すっきりフルーツ青汁は毎日の野菜不足が気になっている方、便秘になりやすい方に非常にオススメの青汁になります。
苦味よりも甘みの方が強い青汁なので青汁が苦手な方でも飲みやすい商品です。


すっきりフルーツ青汁の主原料は国内産厳選大麦若葉、北海道産手摘みクマザサ、明日葉になります。
ちなみに乳酸菌、豆乳エキス、アセロラ由来のビタミンC、81種類の酵素とフルーツ由来のプラセンタ、天然由来のセラミドも入っています。
甘味料は還元麦芽糖水豆と乳糖になります。
原産国は外国産です。
すっきりフルーツ青汁の飲用方法は1包につき100mlの水またはお湯、牛乳などに混ぜて飲みます。
1日の目安量としては、栄養補助食品なので1日に1~2包が理想的です。
ちなみにすっきりフルーツ青汁の価格は3g30包入りで4298円になります。
1杯当たり143円程です。
定期購入の場合は3480円になり、1杯当たり116円程になります。
初回お試し価格は82%オフの927円で購入することができます。

ランキング評価
値段
(3.0)
苦さ
(1.0)
飲みやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

新味!【すっきりフルーツ青汁】は飲みやすい?口コミ調査

【神仙桑抹茶ゴールド】

神仙桑抹茶ゴールド

効果が実感できない場合は全額返金OK!
お得なコース
60包 価格5,415円(税抜)←通常より5%off
60包 価格7,200円(税抜)←通常より10%off
神仙桑抹茶ゴールドの主原料は桑の葉と緑茶になります。
甘味料はスクラロールで、原産国はブラジルです。
神仙桑抹茶ゴールドの飲用方法は1本に対して180mlのお水またはお湯、牛乳や豆乳に溶かして飲みます。


1日の目安としては特に決まりはありません。
普段の水分を飲むように飲用して問題はありません。
ちなみに、神仙桑抹茶ゴールドは3g60包入りで6156円になります。
1杯当たり205円程です。
定期購入の場合は5848円になり、1杯当たり194円になります。
初回お試し価格は通常の6156円にプラス無料で10本サービスになります。
神仙桑青汁ゴールドはカルシウムや鉄分が不足している方、育ち盛りのお子様にオススメの青汁になります。
妊婦さんも飲むことができるので、家族揃って神仙桑青汁を飲み、健康生活を送ることができます。
ランキング評価
値段
(4.0)
苦さ
(2.0)
飲みやすさ
(3.0)
総合評価
(4.0)

神仙桑抹茶ゴールド【神仙桑抹茶ゴールド】は青汁の常識を覆す!美味しく健康習慣を身に付けよう

【やわた本青汁】

やわた本青汁

1箱価格2,160円(税込)
やわた本青汁の主原料は国産大麦若葉になります。
甘味料は無添加で、原産国は日本です。
やわた本青汁の飲用方法は1袋に対して100mlの水またはお湯、牛乳で溶かして飲みます。
1日の目安量としては、栄養補助食品なので1日に1袋が理想的です。


ちなみに、やわた本青汁は3g30袋入りで2160円になります。
1杯当たり72円程です。
定期購入の場合は毎月1箱で1944円、3ヶ月セット3箱で6480円になります。
初回お試し価格は3ヶ月セットが半額以下の3000円で購入することができます。
やわた本青汁はクセがない青汁なので、青汁の独特のクセが苦手な方には非常にオススメです。
また、やわた本青汁は農薬不使用なので、無農薬にこだわりがある方にもオススメの商品です。
ランキング評価
値段
(4.0)
苦さ
(3.0)
飲みやすさ
(3.0)
総合評価
(4.0)

やわた本青汁クセがないから毎日飲み続けられる栄養豊富な【やわた本青汁】

【ふるさと青汁】

ふるさと青汁

1箱価格:3,800円3,420円(税別)

ふるさと青汁の主原料は八丈島の明日葉になります。
甘味料は直鎖オリゴ糖のでんぷん由来の天然甘味料が使用されています。
原産国は日本です。
ふるさと青汁の飲用方法は1包を適用量の水またはお湯で溶かして飲みます。
1日の目安量としては、栄養補助食品なので1日に1~3包が理想的です。


ちなみに、ふるさと青汁は3g30包入りで3800円になります。
1杯当たり126円程です。
定期購入の場合は3420円になり、1杯当たり114円程になります。
初回お試し価格は、無料でサンプルを貰うことができます。
ふるさと青汁は定期購入することで常に10%割引が適用、注文の手間がいらない、ポイントを貯めることで豪華賞品が当たるなどといったサービスを行っています。
そのため青汁を飲んで体が元気になるだけではなく、豪華賞品が当たるという嬉しいことだらけになります。
ランキング評価
値段
(2.0)
苦さ
(5.0)
飲みやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

ふるさと青汁【ふるさと青汁】の原材料や効果・飲み方などを徹底調査

【粉末青汁】

粉末青汁

1箱価格4,500円(税抜)
初回お試し価格はなく、1箱購入もしくは定期購入のみになります。
粉末青汁は水またはお湯に溶かして飲めるだけではなく、フードやデザート等に混ぜて召し上がることもできます。
そのため料理上手やアレンジ上手の方にはより続けやすい商品になります。

粉末青汁の主原料はブロッコリーとケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤになります。
甘味料は無添加で、原産国は国産になります。
粉末青汁の飲用方法は、1袋に対して160ml程度の水またはお湯に溶かして飲みます。
1日の目安量は、栄養補助食品なので1日に1袋が理想的です。
ちなみに、粉末青汁は10g30袋入りで4500円になります。
1杯当たり150円程になります。
定期購入の場合は4050円になり、1杯当たり135円程になります。

ランキング評価
値段
(2.0)
苦さ
(4.0)
飲みやすさ
(3.0)
総合評価
(3.0)

サンスター【粉末青汁】は飲みやすい?原材料を調査!

青汁はどんな方におすすめ?

青汁は食事制限等をして栄養が偏りがちなダイエット中の方や生活習慣病の改善、花粉症持ちの方にオススメです。
また、1人暮らしで品数を多く摂ることが難しい方、外食や添加物が多く含まれている食品を頻繁に食べる方にオススメです。
青汁は飲用するだけで簡単に不足しがちな野菜や栄養素を摂取できる栄養補助食品なので、どんな方にも向いていますが特に仕事や育児で日々忙しい生活を送っている方、簡単に栄養を摂取したい方、長期間の便秘に悩まされている方に青汁は向いています。
ちなみに、青汁を販売しているメーカーによって異なりますが、妊婦さんでも飲める青汁もあるのでお腹の赤ちゃんに必要な栄養素も青汁でとることができます。
青汁には粉末、錠剤、ゼリー等の様々な形状のものが販売されているので、自分に合った摂取の方法にすることでより手軽に青汁を飲むことができます。

青汁を飲んでどんな効果がでる?

青汁には様々な効果があります。
「ただ青汁を飲むだけで何の効果があるの?」「飲み続けることで本当に効果があるの?」などと疑問に思われる方も居るかと思いますが、青汁を飲み続けることで体に良い様々なことが起こります。

美肌になれる!?青汁で代謝UP

青汁にはシミやくすみなどを改善してくれる“ビタミンC“、肌の炎症を防ぎ細胞を活性化してくれる“B群“などが含まれているので飲み続けると美肌になれると言われています。
また、青汁には体内のデトックス効果があると言われており、青汁を飲み続けることで老廃物が排出されやすくなります。
老廃物が体外に排出されることで体内環境が良くなり新陳代謝がUPし、美肌へとなっていくのです。

サラサラ血液で動脈硬化を予防しよう

青汁にはLDLの酸化を防ぐ作用があります。
LDLとは悪玉コレステロールのことを言い、LDLが適用範囲を超えてしまうと生活習慣を見直さなければならない程体に支障が出てきます。
ですが、青汁を飲むことでLDLの増加を抑えることができます。
かといって暴飲暴食や過度なファストフードの摂取は良くありませんが、青汁を飲むことで、青汁を飲んでいない時よりはLDLの増加を防ぐことができます。
健康な食生活をして青汁を飲み、LDLの増加を抑えることでサラサラな血液になり動脈硬化の予防をすることができます。

食物繊維で便秘解消!

青汁には食物繊維と乳酸菌が豊富に含まれています。
近年では食物繊維の少ない欧米型食事が日本人にも定着したため便秘の方が多く居ます。
便秘の方はどんな方法をやっても中々快便に改善することができません。
快便に改善されない理由としては食物繊維と乳酸菌不足だからです。
一時だけ乳製品を摂ったり、食物繊維を意識して摂ればその日前後は便通が良くなりますが、こうした行動を毎日続けるともなると時間と労力がかかります。
ですが青汁を毎日目安量飲むことで豊富な食物繊維や乳酸菌を手軽に摂ることができ、毎日欠かさず青汁を飲むことで腸の働きを活性化してくれ、便秘が解消され快便になれる日もそう遠くはありません。

ダイエット効果に期待

青汁には食物繊維が豊富に含まれており、その食物繊維には“腹持ちが良い“、“ 過食防止“、“腸内洗浄“の効果があります。
便秘になってしまうことでお腹に便が溜まり見た目だけではなく理想の体重に近づくことが難しくなります。
ですが青汁に含まれている食物繊維が腸内洗浄をしてくれることで便通も良くなり、ポッコリお腹がなくなり見た目も良くなり体重を落とすことにも成功します。
青汁はダイエットの大敵、浮腫み改善にも効果が期待できます。
また、腹持ちが良くなることで暴飲暴食をしなくなり、食事量も自然と減り、少量で満腹感を得られるようになり無理のないダイエットをすることができます。
青汁は栄養補助食品なので、メインとして摂取するのではなく、バランスのとれた食事にプラスαとして青汁を飲むことでより健康的に体重を落とすダイエットに成功します。

青汁でストレスフリーな生活に

青汁は手軽に栄養を摂取することができます。
周囲から「野菜をもっと食べなさい」「○○をもっと取らないと体に悪い」と言われたり、「便秘解消のために毎日キャベツを食べなくちゃ」「ファストフード続きだから野菜を摂らないと」などと思い無理して野菜を摂取しようとするとそれがストレスになり、野菜が嫌いになってしまうなんてこともあります。
ですが青汁は水またはお湯、牛乳等に溶かして飲むだけで栄養を摂取することができるので、好きな食事に青汁をプラスするだけでストレスなく栄養を摂ることができます。
外食や添加物が多く含まれている食品を口にすることが多い方はその食事に青汁をプラスすることで栄養だけではなく体に良い野菜を自然と摂ることができます。

アンチエイジングが期待できる!

青汁には強力な抗酸化パワーを持った栄養成分が豊富に含まれていることで体内に活性酸素を迎え入れてくれます。
これらの栄養成分はアンチエイジングに期待ができると言われている成分になります。
青汁に含まれている豊富なビタミンが“抗酸化作用“という老化の要因となるものに抑制する効果があります。
こうした理由からアンチエイジングのために青汁を毎日欠かさず飲む女性が近年では非常に増えてきています。

青汁を飲んで生活習慣病を予防しよう!

青汁を毎日欠かさず飲むことで生活習慣病の予防をすることができます。
青汁を飲み続けることでアンチエイジング効果の期待、美肌効果、便秘解消、浮腫み解消、免疫力の向上、高血圧予防、動脈硬化予防といった生活習慣の予防をすることができます。
毎日青汁を飲むことで目に見えた効果は感じづらいですが、ふとした瞬間に効果を実感できます。

青汁に含まれている体に良い原材料

『青汁』系の商品には必ずといってもいいぐらい含まれている原材料は

  • 大麦若葉
  • ケール
  • 明日葉

上記の3つです。ではどんな成分なのか詳しく説明していきましょう!

大麦若葉

大麦若葉にはSOD酵素、カルシウム、ビタミンK、鉄、亜鉛、Bカロテン、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維が含まれています。
大麦若葉が原材料に含まれている青汁を飲み続けると美肌やダイエット、生活習慣病の予防はもちろん、免疫力の向上で体調を崩しにくくなったり、ストレスの軽減や眼精疲労の予防の効果が期待できます。
ちなみに。仕事で立ち仕事や過度に体を使う方には大麦若葉が豊富に使用されている青汁がおすすめです。
オススメの理由としては大麦若葉には浮腫みや冷えの改善効果が期待できるからです。
冷えからくる浮腫みや、過度に体を使うことで特に足が浮腫みやすい状態になります。
浮腫んでしまうことで新陳代謝が低下し、肩こりや腰痛、関節の痛みが起こってしまいます。
こうした症状が起こることで事故やケガに繋がりやすくなります。
ですが大麦若葉が豊富に含まれている青汁を毎日欠かさず飲むことで冷えや浮腫みの改善効果に期待でき、血流の流れが良くなることで日々のこうした悩みを解消することができます。

ケール

ケールにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウムが豊富に含まれています。
ケールが原材料に含まれている青汁を飲み続けることで食生活の改善やストレスの軽減、疲労の軽減、不眠改善、肌荒れ改善に効果が期待できます。
ケールを必要としている方のほとんどが食生活や日々の生活の乱れが原因でストレスや疲れが溜まりやすく、その過度な疲れとストレスが原因で中々寝付くことができず睡眠不足になり、その睡眠不足が原因で肌荒れを起こしてしまうという悪循環な生活を送っています。
ケールが原材料に豊富に含まれている青汁を飲み続けることでこうした生活で少しは改善されやすくなり、質の良い睡眠がとれるようになることで肌荒れも自然と改善していきます。

明日葉

明日葉には食物繊維、カリウム、カロチン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、亜鉛が豊富に含まれています。
明日葉が原材料に含まれている青汁を飲み続けることで生活習慣の予防、免疫力の向上、便秘解消、美肌効果に期待することができます。
不規則な生活を送っている方は便秘になりやすかったり、肌荒れしやすかったり、体調を崩しやすかったりするので明日葉が多く含まれている青汁を飲み続けることでこれらの改善に期待できます。

沢山の商品がある青汁。選ぶポイントとは?

青汁を選ぶポイントとしては飲用する人によって異なります。
例えば、「青汁を毎日飲みたいけれどお金にそれほど余裕がない」と言う方であれば“価格“がポイントになります。
無理をして少し高価な青汁を購入すると、価格が原因で続かなくなります。
なので、こうした方には1杯当たりのコスパの良い青汁がオススメです。
そしてお次は“原産地“や“農薬の有無“です。
「原産地は断然日本」「絶対に無農薬が良い」と言う方であれば青汁の原産地や農薬の有無が青汁を選ぶポイントになります。
原産地が日本で無農薬の青汁ともなると少し値が張りますが、どうしても原産地と農薬の有無が譲れないという方は購入前にしっかりと確認することが大切です。
甘味料の有無が気になる場合も確認することが大切です。
そしてお次は“青葉の配合量“です。
メインで使用されている青葉によって効果が異なります。
そのため、“自分の体の改善にはどの青葉が必要なのか?“ということを知ることが大切で、自分に合っている青汁を選ぶポイントになります。

青汁と野菜ジュースって何が違うの?

結論から言うと、青汁は“栄養価の高い緑色野菜を厳選“しています。
反対に野菜ジュースは“美味しさ重視で様々な野菜や果物を使って“います。
詳しく説明すると、青汁は原材料を丸ごと使用して加工しますが、加熱処理していないそのままの状態を販売しています。
加熱処理していないことで1つ1つの野菜の栄養を壊さず、そのままの栄養素を摂ることができます。
もちろん中には加熱処理している青汁もあります。
そして野菜ジュースは果物や糖分をブレンドし、基本的に加熱処理して販売しています。
青汁を飲むと「苦いけど飲みやすい」と言った感想が多いですが、野菜ジュースの場合「甘くて美味しい」と言う感想が大半を閉めます。
その甘くて美味しい野菜ジュースは、そう思われるために試行錯誤で甘みを加えて飲みやすい商品にしているため青汁に比べて壊されている栄養はいくつもあります。
栄養が壊されてしまうことで青汁に比べて栄養素が低くなっています。

野菜不足な生活。青汁を飲むだけで大丈夫?

青汁はあくまで“栄養補助食品“です。
そのため毎食パンに青汁、おにぎりに青汁といった食生活ではすぐに体を壊してしまいます。
人間は1日に350g以上の野菜を摂取するよう厚生労働省が勧めています。
人間が1日に摂取できている野菜の量は年齢や性別に関係なく平均的に283g程です。
毎日283g程の野菜しか摂取できていないとなると厚生労働省が勧めている野菜の量まであと約70gも足りません。
こうした毎日の野菜不足にプラスαとして青汁が適しているので、青汁だけで野菜不足を解消できるというものではないのです。
毎食パンに青汁、おにぎりに青汁といった食生活では野菜不足と栄養不足で肌はボロボロ、髪の毛はパサパサといったお世辞にも清潔感があるとは言えない外見になります。
どうして栄養価の高い野菜が豊富の青汁だけで毎日の野菜不足を解消できないのかと言うと、加工によって栄養価が落ち、青汁だけでは栄養素の偏りが出てしまうからです。
毎日野菜を350g以上摂取することは難しいですが、青汁は普段の食事のプラスαとして飲むことをオススメします。

青汁は苦い!初心者でも続けられるコツは?

続けられるコツとしては“味を変える“ことと“自分に合った物を飲む“ことが大切になります。
味を変えるというのは、水やお湯に溶かして飲むだけでは温度しか変わらず味の変化のなさに飽きてしまいます。
なので、牛乳や豆乳、飲むヨーグルトに青汁を溶かして抹茶オレ風にしたり、ヨーグルトに青汁をかけて食べるなどして工夫することで味に飽きず、苦みも軽減して美味しく青汁を飲むことができます
抹茶風味の強い青汁であればパンケーキに混ぜて食事として食べても美味しく摂取することができます。
こうした様々な味変をすることで苦味が軽減し、苦痛に感じることなく美味しく青汁を摂取することができます。
そして自分に合った物を飲むというのは、青汁の“形状“です。
青汁のあの独特の苦みが苦手な方は粉末やゼリー等ではなく味がしにくい錠剤の青汁がオススメです。
苦味に耐えられるけれど苦さが気になる方はアレンジのしやすい粉末がオススメです。
自分に合った物を飲むことで苦味を軽減することができ、積極的に摂取することができます。

青汁はいつ飲むのが効果的?

青汁の飲むタイミングと効果は様々で、しっかりと栄養を摂りたい方は朝起きてすぐ青汁を飲むことで効果が発揮されます。
その理由としては睡眠中は無意識の内に水分が不足してしまっているため体の水分がカラカラの状態になっています。
そのため体の水分がカラカラの状態の時に青汁を飲むことで体全体に青汁の水分と栄養が行き渡り、浸透しやすくなるのです。
また、朝起きてすぐに青汁を飲むことで目覚める効果も期待できます。
そしてダイエット中や食事制限をしている方、血糖値が気になる方は食事の前に飲むことで効果が発揮されます。
その理由としては青汁には食欲を抑える効果があるのでドカ食いがなくなります。
ドカ食いがなくなることで血糖値も上がりにくく、食欲を抑えてくれる効果があることで少量でも満腹感を得られることができます。
そして便秘解消を望んでいる方は夜寝る前に青汁を飲むことで効果が発揮されます。
寝る前に青汁を飲むことで就寝中に食物繊維等が腸内で働き、翌日便通が良くなっていたりします。

青汁を飲む際に注意したいこと

青汁は栄養補助食品なので、“用法用量“を守る必要があります。
「体に良いから」「美味しいから」などと言って目安量を守らず過剰に飲用してしまうと体調不良の原因になってしまったり、食物繊維や乳酸菌が腸内で働き下痢が原因で脱水症状になってしまうなんてこともあります。
また、青汁を販売している各メーカーの目安量をしっかりと守っても、普段から快便の方は下痢になってしまうこともあります。
普段から快便の方の場合、便秘の方に比べて腸の動きが活発のため食物繊維等の効果が発揮されやすい場合があります。
もし目安量を守っても下痢になってしまう場合は次回飲む時に、飲む量を調節すると良いです。
また、青汁を販売しているメーカーによって“〇歳未満は飲用しないでください““妊娠中または授乳中の方は飲用しないでください“等の注意書きがある場合があります。
青汁を飲む際はこうした書き込みにも注意してください。
青汁は飲めば飲むほど健康になるというものではないので、青汁を販売している各メーカーの目安量をしっかりと守り、安全に飲用してください。

おすすめの青汁商品まとめ

青汁は簡単に摂ることのできる栄養補助食品です。
一昔前の青汁が苦手な方でも、近年の青汁であれば飲みやすく、美味しさを感じるはずです。
また、青汁の苦さが苦手な方でもアレンジ方法によって非常に美味しく飲むことができます。
普段の食生活が気になっている方は是非、自分に合った青汁を探して飲み続けてみると良いです。
青汁を飲み続けることで気になる部分の効果に期待ができます。