クセがないから毎日飲み続けられる栄養豊富な【やわた本青汁】

「毎日青汁を飲み続けたい」「乳酸菌を摂りたい」「ビタミンCを摂りたい」と考えている人にオススメなのが、八幡物産株式会社の「やわた本青汁」という青汁です。

【やわた本青汁】について

やわた本青汁

価格 2,160円

1975年の設立以来、様々な健康食品を世に送り出し続けてきた八幡物産株式会社が生み出したのが「やわた本青汁」です。
やわた本青汁は“飲みやすい昔ながらの青汁”をテーマに作られた青汁であり、青汁の原点に立ち返って青汁の原材料となる野菜はシンプルに「国産大麦若葉」だけを使用し、これに1包あたり「150億個(1の乳酸菌」「30mgのビタミンC」を配合しています。

やわた本青汁に含まれている乳酸菌量

やわた本青汁の原材料

やわた本青汁の原材料は、野菜は「国産大麦若葉」、サポート成分は「乳酸菌」「ビタミンC」だけというシンプルな原材料となっています。
余分な野菜を加えず、味にクセがなく栄養豊富な大麦若葉だけを使用しているので“抹茶風味”となっており、多くの人が抵抗なく飲める味となっています。
「青汁が健康に良いのは知っているけど味が苦手で毎日飲むのが辛い」という人は少なくありません。
しかし、クセがない大麦若葉しか野菜を配合していない“やわた本青汁”は、青汁の味が苦手な人でも毎日のお茶代わりに飲めるクセがない味になっているので、毎日気軽に飲み続ける事ができます。

大麦若葉について

大麦若葉の正体は、ビールや麦茶の原料となるイネ科の「大麦」です。
この大麦の“柔らかい若葉”という一部分が大麦若葉と言われており、大麦が穂をつける前の20~30cm程度に生育し栄養豊富な成長期に若葉を収穫しています。
大麦若葉は、ビタミンCなどのビタミン類、鉄分・亜鉛・カルシウムなどのミネラル、ベータカロテン、アミノ酸、カテキン、食物繊維、SOD活性酵素、抗酸化フラボノイド、クロロフィル(葉緑素)など様々な体に良い成分をバランス良く含有しています。
野菜にビタミンなどが多いのは基本ですが、大麦若葉からは鉄分、亜鉛、カルシウムといった生命活動に欠かせないながらも不足しがちな“無機質(ミネラル)もしっかりと摂取できるのです。
さらに、ビタミンCはホウレン草の約30倍、食物繊維はキャベツの約15倍、カルシウムは牛乳の約10倍含有しているなど、栄養素の“含有量”も優れた野菜となっています。

大麦若葉の効果

大麦若葉が豊富に含有しているビタミンなどが免疫力を高めて健康な体づくりや美容に寄与する事は言うまでもありません。
そんな大麦若葉が含有している成分の中でも特に注目な成分が、「SOD活性酵素」「抗酸化フラボノイド」「クロロフィル(葉緑素)」の3種類です。
SOD活性酵素、抗酸化フラボノイド、クロロフィルは“抗酸化作用”や、“動脈硬化・高血圧予防効果”を共通の効果として持っています。
老化の原因である活性酸素を抗酸化作用によって除去して“アンチエイジング”ができる事、動脈硬化・高血圧予防硬化によって“コレステロール値減少”などができる事を意味しているのです。
ちなみに、大麦若葉のアンチエイジング硬化に欠かせない成分の一つである「SOD活性酵素」は抗酸化酸化が強力として有名な成分ですが、実は、青汁の原材料として有名なケールなどよりも大麦若葉の方が含有量が多い事が判明しています。

他にもあるクロロフィルの素晴らしい効果

アンチエイジングや動脈硬化・高血圧予防に効果的なクロロフィルですが、他にも素晴らしい効果をもっています。
「脱臭効果」「美白効果」です。
クロロフィルは高い“消臭作用”や、口臭の原因菌を殺菌する“殺菌作用”、血中に入り込んでしまった臭い物質を排出する“デトックス作用”がある為に高い脱臭効果があります。
この為、クロロフィルは“体臭・加齢臭対策サプリメント”のメイン成分として配合されるほどです。
また、クロロフィルは大麦若葉自体が豊富に含有する「ビタミンC」と結び付く事によって高い“美白効果”も発揮します。
“やわた本青汁”はサポート成分としてビタミンCをプラス配合しているので美白効果が更に高まっています。

やわた本青汁の大麦若葉は国産大麦若葉

大麦若葉は生命力が強いために栽培しやすく、昔から栽培されてきました。
そんな大麦若葉を、丹精込めて空気を沢山混ぜ混んでフカフカに耕した土で(土が硬いと根の張りが弱くなって強い大麦若葉が育ちません)、大分県の適度な寒暖差がある大麦若葉が育ちやすい気候で“無農薬”で育てた為に“栄養がより豊富で安心安全”な国産大麦若葉となっています。
“やわた本青汁”はそんな一級品の国産大麦若葉を使用している為に、普通の大麦若葉を使用した青汁よりも健康・美容効果が高い青汁となっています。
“やわた本青汁”の原材料である国産大麦若葉の生産者は丹精込めて育てた大麦若葉に自信をもっており、“やわた本青汁”の公式サイトで自分の名前(大分県の後藤雄司さん)や写真を公開しています。

乳酸菌について

“やわた本青汁”は、1日の摂取目安である1包に“150億個の乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス菌)”をサポート成分として配合しています。
エンテロコッカス・フェカリス菌は人の腸内にもともと存在している乳酸菌の1つです。
栄養の吸収をサポートしてくれる効果があるので、大麦若葉の栄養をより沢山吸収できるようにサポートしてくれます。
また、善玉菌を増やす効果もあります。
美容や健康に大きな関係のある“腸内フローラ”は、悪玉菌かが優勢になると悪化しますが、エンテロコッカス・フェカリス菌の効果で善玉菌を増やして腸内フローラを改善できます。
“やわた本青汁”はヨーグルト約13個分にも相当する150億個の乳酸菌をたったの1包で摂取できる事に加え、大麦若葉の食物繊維には、善玉菌のエサとなって善玉菌を増殖させる効果もあるので、腸内フローラ改善効果が非常に高くなっています。

ビタミンCについて

ビタミンCは、皮膚・粘膜の健康維持効果や抗酸化作用をもつ栄養素です。
“やわた本青汁”は1日の摂取目安である1包にビタミンCをみかん約1個分に相当する“30mg”も配合しているので「ビタミンCの栄養機能食品」に認定されています。
栄養機能食品とは、特定の栄養成分の補給・補完に効果的な食品である事を国が認定した食品です。
“やわた本青汁”は、国からビタミンCの栄養機能食品と認定を受けるほどにビタミンCが配合されているので、抗酸化作用成分を数種類含有する大麦若葉と合わさって非常に高い抗酸化作用を発揮できる青汁となっているので、“アンチエイジング”にとても有効です。

やわた本青汁の成分表

配合成分がシンプルな青汁である“やわた本青汁”は成分表も非常にシンプルな青汁となっており、1包(3g)あたりの成分表は「エネルギー7.7kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.075g、炭水化物2.4g(糖質1.9g・食物繊維:0.52g)、ナトリウム0.68g(食塩相当量0.0017g)、ビタミンC30mg、乳酸菌150億個」となっています。
成分表を見て分かるように、脂質や糖質が非常に少ない上にカロリーも極わずかなので、ダイエット中の人でも安心して飲めます。

飲みやすいから長く続けられる栄養素豊富な青汁

“やわた本青汁”は、配合している野菜がクセがなく栄養素が大麦若葉だけという非常にシンプルな“抹茶風味”の美味しい青汁となっており、青汁の味が苦手な人でもストレスなく毎日飲み続けられます。
大麦若葉自体が栄養素が豊富ですし、サポート成分として乳酸菌やビタミンCも配合しているので栄養面から考えてもオススメな青汁となっています。